ウィッグのテカリやツヤを消す方法

ウィッグのテカリやツヤを消す方法

ウィッグがバレバレになる原因の一つが「テカリ」や「ツヤ」

 

本当の髪の毛にあれば美しいはずの輝きも、人工物ではどうしてもわかってしまう不自然な光になってしまうのですから、人間の目も侮れませんね。さて、実際に購入したウィッグが手元に着いたら、びっくりするほどテカっていてどうしようと思った人、以外に多いのでは?

 

そんな時の裏ワザをまとめてみましょう。

 

なんと制汗スプレーでつや消し?

意外にウィッグ上級者でテカリ防止に使っている人が多い裏ワザが、この制汗スプレーかけなのです。
なんと言ってもサッと一吹きするだけなので、非常に簡単なのが良い点。
身体につけて大丈夫なものなので、使うのも安心です。

 

洗って浸けてつや消し

裏ワザと言うより王道ですが、一度洗うとテカリが目立ちにくくなるのが一般的です。
裏ワザと言えるのはその時に、洗濯物に入れる柔軟剤を入れるというもの。
まず30分くらい柔軟剤に浸け置きして、その後でキレイに洗えばかなりテカリを消すことが出来ます。

 

セットしながら消す

実際にウィッグをつけて、スタイリングする時にマットワックスでスタイリングするというのがテカリ消しになります。ただし、後で落としにくいので、あまり大量につけるのはお勧めできません。

 

ロングのウィッグにはちょっと辛い方法かもしれませんね。

 

ベビーパウダーで消す

これも裏ワザですが、ベビーパウダーでつや消しをする人もいるようです。
ただし、みんなも知っているあのベビーパウダーですから、当然白くなります。
粉っぽくなって白っぽくなるので、ウィッグのカラーにもよりますね。

 

紅茶と酢で染め直す!?

ウィッグ上級者の裏ワザ中の裏ワザが、紅茶に酢と塩を入れて漬けるという染め直しの方法です。

 

かなり紅茶を使いますし、色が移るので元の色とは変わってしまうものですが、成功すれば落ち着いた良い色になると絶賛。
洗面器いっぱいの濃い紅茶と、塩ひとつかみ、酢を回し入れた中に12時間くらい漬けると良いようですよ。