ウィッグの洗い方・シャンプー方法

ウィッグの洗い方・シャンプー方法

ウィッグの洗い方やシャンプーの方法について、傷めないようにきちんと洗えるコツをまとめてみましょう。
そんなに難しいものではないので、楽しくお手入れしてあげましょう。

 

まずはブラッシングしておくのがポイント

スタンドにウィッグを置いて、丁寧にコームでブラッシングしてあげましょう。
これは表面の汚れを落とす行為になりますので、1本1本表面がキレイになるように心がけると仕上がりが良くなります。

 

絡まっている場合には無理にブラッシングしないで、丁寧にほどいておきましょう。
サラサラの状態になれば下準備OKです。

 

最初に洗浄液を作るのがポイント

洗面器やたらいなどを用意して、シャンプー液を作りましょう。

 

ぬるま湯が良いので、温かいくらいのお湯をはって、いつも使っているシャンプーを2プッシュくらい入れてしっかり泡立てましょう。シャワーがあるなら、シャンプーを入れた後からシャワーでぬるま湯を入れれば簡単です。

 

くれぐれも、熱すぎるお湯は使わないで下さい。

 

出来ればまずはつけ置きを

時間があれば、ウィッグがしっかり浸るようにして5分くらいはつけ置きをしておきましょう。
これだけでもかなり汚れは浮いて来るので、5分たったら両手で上から押して下さい。

 

こすってはいけません。グッグッと押すだけで汚れは浮いてきます。

 

押し洗いの後にすすぎを

洗浄液を捨てて、ぬるま湯をかけながら流してください。

 

手ぐしで髪の毛を整えるように流してあげるのがベスト。絡まないように一定方向へ流してあげましょう。

 

リンスやコンディショナーを使う

手のひらにリンスやコンディショナーを取って、ウィッグ全体に馴染ませます。
しっかり付けたら同じようにすすぎをして、洗い流しましょう。

 

ちなみにトリートメントは人間の髪の毛のダメージを修復するものですので、人工毛のウィッグには使っても意味はありません。使うなら人毛の場合のみにしましょう。

 

タオルで包む

水気を取るには、「拭く」のではなくて、タオルで包んで下さい。

 

ポンポンと叩くようにして水気をタオルに移すのがポイントです。後はスタンドに置いて形を整え、自然乾燥すればOKです。