学校やバイトでばれないウィッグとは?

学校やバイトでばれないウィッグとは?

学校やバイト先でバレないようにウィッグを使うという手段を考えている人は、おそらく黒髪で真面目なものを探しているのでは?そんなシチュエーションでウィッグを活用している人の例をピックアップしてみましょう。

 

ルールを守るためのウィッグ

いまだに校則が厳しかったり、バイト先でいろいろと制約があったりするところも多いですね。

 

一生懸命髪の毛を伸ばしているのにショートでないといけないとか、カラーリングは一切禁止とか、そんなルールを守るためには黒髪の自然なウィッグを使うという方法もあります。

 

しかも自分がファションで染めた髪の毛をカバーするならまだしも、自分の自然な髪の毛が天然パーマだったり明るかったりするだけなのに、「バイトするならストレートに」「黒く染めて」などと言われるくらい、狭い了見があるのもおかしな世の中ですよね。

 

波風立てるつもりもないし、バレないようにウィッグを使うというのも正当な選択肢ではないでしょうか。

 

ヘルメットのようなものはNG

だからと言って、絵に描いたような真っ黒のショートヘアでは、違和感がありすぎて逆にウィッグだとわかってしまいます。
日本人は黒髪と言われてはいますが、実はそんなに黒いわけではなく、ダークブラウンの人のほうが多いのです。

 

バレないように選ぶなら、黒ばかりを探すのではなくちょっと茶色が入ったようなものを選んだほうがかえって無難な場合があります。形もあまりかっちりしたものではなく、あえて多少ボサッとしているくらいのほうがより自然に見えるでしょう。

 

セミロングでストレートめ

おすすめなのは、ダークブラウンのセミロングで、あまりまっすぐではないくらいのストレートめのフルウィッグです。
ただし、テカリだけは要注意ですから、念入りにテカリ消しはしてください。

 

「うるさい大人」の求めるスタイルは、「落ち着いたイメージ」というものです。参考が欲しい場合には、ホテルの受付やベルボーイ、銀行の窓口にいる人などをお手本にするとバッチリイメージが固まりますよ。