ウィッグはどのくらい持つ?期間は?

ウィッグはどのくらい持つ?期間は?

ファッションウィッグの寿命については、きちんと書かれているものと書かれていないものとがあります。
材質にもよるのでなんとも言えませんが、モノによってかなりバラつきがあるのでなんだか信用しにくいですね。
ウィッグの寿命のついて考えてみましょう。

 

そもそもダメになるって?

そもそもウィッグの寿命に関しては、どんな状態が寿命と判断されるか難しいところもあります。

 

人によっては、最初のウェーブが取れてしまったらもう使えないと思うかもしれませんし、髪の毛が絡んでまったく取れなくなったとしても、カットすればまだ使えると思う人もいるかもしれません。

 

完全に使えなくなる状態になるというのはなかなか考えにくいので、使ってもファッションアイテムとして用を成さなくなった時が寿命だと考えれば、確かに大きく幅が出ても仕方ないのかもしれません。

 

手入れ出来るものは長い

耐熱性のあるウィッグで、きちんと手入れが出来るものであれば2年もつとも5年もつとも言われます。

 

それだけもてばいいかなとも思いますよね。自分の髪の毛のようにちゃんと洗って乾かして、ドライヤーでキレイにセットしてブラッシングしておけば、かなり状態の良いまま長く使うことは出来ます。

 

当然つけるだけつけて、取ったら手入れはいい加減で放ったらかしでは、あっという間に使えなくなってしまうでしょう。

 

使う頻度にもよる

どんなに丁寧に手入れしても、毎日長時間使っていれば消耗も早くなります。
1年に1回使って後は保管したままの人と、寿命に差が出るのは当たり前ですね。

 

ウィッグメーカーの平均的な目安としては、週に2日3日使ってもきちんと手入れすれば2年程度はもつというのが一般的な見解のようです。1日でも長く保たせるために、丁寧に扱うしかありませんね。

 

メンテナンスしてくれるところも

状態が悪くなったウィッグを、メンテナンス料金を払えばキレイに整えてくれるというメーカーもあるようです。
もちろん状態に限界はあるでしょうが、購入するときにチェックしてみても良いかもしれません。