ウィッグを長持ちさせる保管方法

ウィッグを長持ちさせる保管方法

ウィッグの保管方法に関してご紹介します。
まず、大きく分けて二つの保管方法があります。

ひとつは、もともと購入したときに入っていたポーチなどに入れておく方法です。
もうひとつは、ウィッグスタンドやヘッドマネキンにかけて保存する方法です。

ウィッグを外した後は、保存する前に軽くホコリを取るために
ブラッシングをします。専用スプレーなどを使うと良いでしょう。
通販などでウィッグ用の静電気を防止するようなブラシを使ってもよいでしょう。

ウィッグを使っている間にウェーブが取れてきた場合は、
ウェーブの部分をねじってウィッグ保護ネットに入れ保管します。
その際、U字に専用ポーチ等にしまうとだれてしまったウェーブが元に戻ります。

セミロングやロングのウィッグは特に絡まりやすいです。
日ごろから絡まらないようにするのも大切ですが、適当に放置してしまうと癖がついて使えなくなる場合があります。

ウィッグスタンドが無い場合は、水平に保管できるたんすなどにU字型に置いておくのも良いでしょう。
使い終わってそのまま適当に置いてしまうと次から使えなくなってしまいますので特に注意が必要です。

ウィッグ購入時にしまっておけるようなケースに入っているのか、
ウィッグ保護ネットに入っているのかを確認しておきましょう。

ウィッグ通販には、ウィッグスタンドやどのケア用品も
販売されていることが多いので、合わせて購入するのも良いでしょう。