ウィッグの選び方

ウィッグの選び方

ウィッグの選び方についてご紹介します。
ウィッグの選び方を間違えると、いかにもウィッグという感じになってしまいますので重要です。

私も経験済みですが、いかにもウィッグっていう感じだと
かぶっていてばれないかと考えてしまってストレスになります。

ウィッグだとバレてしまいやすいのは『つむじ』、『色』、『ツヤ』、『ボリューム』などがあります。
つむじ部分は現在、人工スキンでバレにくくなっている商品が大半ですが、やはりそれでも不自然な感じがあります。
購入後、つむじ部分にコームの先をあててギザギザに動かして立たせると自然に見えます。

色に関しては、美容院で髪の毛をカラーリングした時と
少し色合いが違うようなタイプは、少し不自然に見えるように思います。
ツヤに関しても天使の輪ができるほど光っているとやはり不自然な感じがします。

ツヤを消す方法には何種類かあります。
「柔軟剤の入ったぬるま湯に浸ける」
「マッドタイプのワックスを付ける」
「制汗剤をスプレーする」
「ベビーパウダーを軽くつける」
以上のどれかを試してみると良いでしょう。

ボリュームに関しては、ウィッグをつけた時に不自然なほど膨らんで見えたり、長く感じたりします。
頭の上にさらに頭を被せるようなものですから、頭部が大きく見えてしまい、体全体で見たときにバランスが悪くなります。

毛量が多すぎたり頭が大きく見える場合は、美容院でカットしてもらうと良いでしょう。
毛量の調整も良いですが、前髪が長すぎる場合などにもカットしてもらうと良いでしょう。